コスト低減・省エネ・環境負荷軽減のニーズにお応えする「株式会社プログレッシブエナジー」

株式会社プログレッシブエナジー

TEL:098-898-6560

新着情報

2018.03.30.

トンガ王国向け可倒式風力発電設備案件を受注

当社は、日本政府によるトンガ王国向けODA(政府開発援助)の無償資金協力案件「風力発電システム整備計画」にかかる、可倒式風力発電設備(5基)の納入について、貿易商社の西澤㈱(本社:大阪市)と共にトンガ電力公社と1月27日に契約を締結、3月27日に国際協力機構(JICA)より契約認証を取得しました。

なお、本事業は我が国の無償資金協力案件で初めての風力発電設備となります。
当社は沖縄電力㈱向けに可倒式風力発電設備を沖縄県内4島へ7基を納入すると共に、これらの設備の運転・保守管理を担っています。同設備を唯一国内で導入している沖電グループとして、初納入の平成21年以降技術や知見を蓄積してきました。

大洋州島嶼国はサイクロンによる被害が多く、またエネルギー分野では化石燃料への高い依存度が課題であるなど沖縄と同様の問題を抱えております。当社は、沖縄電力㈱と共に地元で培った「沖縄発」の知見と技術で、大洋州島嶼国の課題解決に取り組むことを目指しております。

【トンガ電力公社との調印式(2018.1.27)】


左から:Saia Ma’u Piukala氏(トンガ国公営企業大臣)、Robert Matthews氏(トンガ電力公社社長)
藤岡 純夫氏(西澤㈱支店長代行マネージャー)、儀保 稔(当社取締役技術営業部長)

【風力発電システム整備計画の概要】
本事業は、首都ヌクアロファがあるトンガタプ島において風力発電設備および系統安定化装置等を整備※1することで、再生可能エネルギーの導入を促進するとともに、電力供給の多様化とエネルギーの安定供給に貢献するもので、平成27年の第7回太平洋・島サミット(PALM7)において日本政府より提唱されたハイブリッド・アイランド構想※2支援の一環となります。

※1 今回、当社は風力発電設備の整備を受注。
※2 大洋州を中心として、ディーゼル発電の効率的な運用維持管理と最適規模の再生可能エネルギー導入によるハイブリッド発電システムの整備を推進するもの。

【可倒式風力発電設備の仕様等】
・風力発電設備:5基
・総 合 出 力:1,375kW(275kW × 5基)
・工 事 期 間:着工 平成30年7月、竣工 平成31年4月
・その他:トレーニング(運転操作・メンテナンス)