コスト低減・省エネ・環境負荷軽減のニーズにお応えする「株式会社プログレッシブエナジー」

株式会社プログレッシブエナジー

TEL:098-898-6560

Business

自家用発電システム

傾倒システムによりメンテナンスを地上で行え、メンテナンスコストと 風車の停止時間を大幅に低減することができます。また、台風の際には傾倒し、地面に固定することで 暴風から保護することができます。

島しょ地域に風車の可能性を

可倒式風車

 日本の沖縄県は49の有人島と多数の無人島からなる島しょ地域です。亜熱帯に属し、海洋性 気候であり、台風も非常に多く襲来する地域です。風車を導入するには塩害・台風という過酷な気象条件 に耐えなくてはなりません。
 プログレッシブエナジー(PEC)はその条件に耐える風車を設置しました。 フランスのVergnet社のGEV-MP-Cを基にタワー部を日本国内で制作し、GEV-MP-Cのナセルを使用することで最適な 風車を導入することが可能になりました。PECは沖縄の波照間島に日本初となる可倒式風車を2基設置し、その後に 南大東に2基の可倒式風車を設置しました。この風車は傾倒システムによりメンテナンスを地上で行え、メンテナンスコスト と風車の停止時間を大幅に低減することを可能にしました。また、台風の際には傾倒し、地面に固定することで暴風から保護することができます。

軽くてコンパクト融通の利くデザイン

ブレード2枚式のローター

2枚羽の設計により、風車を地面に倒した状態でメンテナンスを行うことができます。

コンパクトなナセル

標準的な20フィートコンテナにナセル2つを収納することができます。

軽い支線タワー

タワーはその部品全てを20フィートコンテナにを納めることができます。

簡単な組み立て

風車全体を地上で組み立てることができ、その後油圧ウインチを使ってタワーを持ち上げます。 組み立てに必要なのはフォークリフトと最小で30t以上のクレーンで組み立て可能です。

台風に強い

台風の際には風車を傾倒し固定することができます。傾倒作業は1時間程度です。 風車を地面に固定すれば最大風速85m/sの台風にも耐えることができます。

基礎の小型化

タワーは軽量であるのに加えて、支持ワイヤーで固定されているため、非常に小さな基礎しか必要ありません。

地震に強い

支線式タワーの柔軟な構造により、地震の多いエリアでも安心です。